について

© Motockney Nuquee / Felix Lill

私のページに来てくれてありがとうございます! 私はジャーナリスト/著者をしているフェリックス・リルです。1985年にドイツのハンブルグで生まれましたが、ここ10年は故郷を訪れる感じになっています。私は約40カ国に及ぶ取材の旅をして以来、直近の4年間は日本と東アジアに焦点を当てています(南米に後ろ髪を引かれていますがね)。

大抵の記事はDie Zeit(ディ・ツァイト)/Die Presse(ディ・プレス)/NZZ Sonntag(NZZゾンターク)/Tagesspiegel(タグスシュピーグル)/Der Spiegel(デル・シュピーグル)などのドイツ語のメディアで私の記事を読むことができます。 また、Al Jazeera(アル・ジャジーラ)/Narratively(ナラティヴリィ)などの英語圏のメディアや、El País(エル・パイス)/Vice España(バイス・エスパニョル)などのスペイン語のメディアでも公開しています。他にもイタリア語/フランス語/ウクライナ語/ベトナム語/日本語 及び その他の国や言語でも現地語訳で私の記事は登場しています。

大抵、私は経済/政治/社会問題に関連するものについて書いています。 しかしながら、私はジャーナリズムというものを多面的に捉えているので、あらゆる題材についての取材執筆を行えます(これこそが私が考えるジャーナリズムというものを最も気に入っている点です)。例としては、2016年のリオ五輪で行われたスポーツの経済学に関する話やセクシュアリティの政治的特徴、フィリピンで大成功した性転換者の事例など。 また日本の東日本大震災の後に東京と福島の捜索の一環としての漫画取材など。

私は収入/性別/教育など、社会における個人や属性を区別する多様な特性に興味を惹かれますが、特に着目するのは人口統計についてで、中でも年齢についての言及は顕著です。 そこには常に人口統計学的な側面を見出しています。そして高齢化社会の世界的パイオニアである日本からの、このアプローチは、それ自体が興味深いだけでなく、人口の高齢化に遅れずに追いつく全世界の啓発的な予測でもあります。

人口統計学も私の学術研究分野です。2014年9月から2018年4月まで、私のジャーナリズムの仕事の他に現在、ベルリンのハーティー・ガバナンス・スクールで日本とドイツを比較して高齢化する世代間の紛争の決定要因についての博士論文を書いておりました。私は「労働市場/福祉国家/家族の制度」について定量的方法を用いて分析し、社会が老齢化した時に何らかの事情で老若男女の間で摩擦をもたらし得るかを調べていました。このような疑問は私のジャーナリズムの仕事においても重要です。 私は「ジャーナリズムと学術」は互いに肥沃な土地を提供しあう2つの世界だと信じています。 そしてそれを示すために最善を尽くすのです。

もし私にコンタクトを取りたい場合は、ドイツ語/英語/スペイン語/日本語/フランス語にてお願いします。ポルトガル語でもギリギリ分からなくもないと思いますが、それは多分ある種のポルペイン語になっていまいかねません。

私のページに来てくれてありがとうございます! 私はジャーナリスト/著者をしているフェリックス・リルです。1985年にドイツのハンブルグで生まれましたが、ここ10年は故郷を訪れる感じになっています。私は約40カ国に及ぶ取材の旅をして以来、直近の4年間は日本と東アジアに焦点を当てています(南米に後ろ髪を引かれていますがね)。

大抵の記事はDie Zeit(ディ・ツァイト)/Die Presse(ディ・プレス)/NZZ Sonntag(NZZゾンターク)/Tagesspiegel(タグスシュピーグル)/Der Spiegel(デル・シュピーグル)などのドイツ語のメディアで私の記事を読むことができます。 また、Al Jazeera(アル・ジャジーラ)/Narratively(ナラティヴリィ)などの英語圏のメディアや、El País(エル・パイス)/Vice España(バイス・エスパニョル)などのスペイン語のメディアでも公開しています。他にもイタリア語/フランス語/ウクライナ語/ベトナム語/日本語 及び その他の国や言語でも現地語訳で私の記事は登場しています。

大抵、私は経済/政治/社会問題に関連するものについて書いています。 しかしながら、私はジャーナリズムというものを多面的に捉えているので、あらゆる題材についての取材執筆を行えます(これこそが私が考えるジャーナリズムというものを最も気に入っている点です)。例としては、2016年のリオ五輪で行われたスポーツの経済学に関する話やセクシュアリティの政治的特徴、フィリピンで大成功した性転換者の事例など。 また日本の東日本大震災の後に東京と福島の捜索の一環としての漫画取材など。

私は収入/性別/教育など、社会における個人や属性を区別する多様な特性に興味を惹かれますが、特に着目するのは人口統計についてで、中でも年齢についての言及は顕著です。 そこには常に人口統計学的な側面を見出しています。そして高齢化社会の世界的パイオニアである日本からの、このアプローチは、それ自体が興味深いだけでなく、人口の高齢化に遅れずに追いつく全世界の啓発的な予測でもあります。

人口統計学も私の学術研究分野です。2014年9月から2018年4月まで、私のジャーナリズムの仕事の他に現在、ベルリンのハーティー・ガバナンス・スクールで日本とドイツを比較して高齢化する世代間の紛争の決定要因についての博士論文を書いておりました。私は「労働市場/福祉国家/家族の制度」について定量的方法を用いて分析し、社会が老齢化した時に何らかの事情で老若男女の間で摩擦をもたらし得るかを調べていました。このような疑問は私のジャーナリズムの仕事においても重要です。 私は「ジャーナリズムと学術」は互いに肥沃な土地を提供しあう2つの世界だと信じています。 そしてそれを示すために最善を尽くすのです。

もし私にコンタクトを取りたい場合は、ドイツ語/英語/スペイン語/日本語/フランス語にてお願いします。ポルトガル語でもギリギリ分からなくもないと思いますが、それは多分ある種のポルペイン語になっていまいかねません。

© Motockney Nuquee / Felix Lill

Pin It on Pinterest